新城春奈

捷创电子科技有限公司

社会人の口コミで企業研究、先輩のES・面接情報で選考対策ができるサイトです
注目の企業
リーテイルブランディング ソニー 野村総合研究所 キーエンス
134,597 社の登録企業と 45,446 枚のES・体験記
同級生の口コミでみんなの就活状況や、今年の選考内容がわかる!

就活会議が提供する3つのメリット

社員・元社員の口コミで企業研究
気になる企業の給料の実情や入社前後のギャップ等が調べられます。本当に自分に合う企業を探しましょう。
45,446枚のES・選考体験記
選考を突破、内定した先輩の実体験が詰まった口コミです。効率的に選考の準備を進めることが可能です。
選考状況をリアルタイムで把握
気になる企業の選考フェーズや面接の雰囲気が、同級生の口コミでリアルタイムに確認できます。

社員の口コミで企業研究をしよう

15万社に渡る社員クチコミで、企業のいい所も悪い所も把握しましょう。

45,446 枚のES・体験記

インターン、エントリーシート、選考体験記のいずれかを選んで、選考対策を進めましょう。

注目のインターン体験記を見てみましょう 注目のエントリーシートを見てみましょう 注目の選考体験記を見てみましょう

卒業年度、学部、職種、質問内容などを参考に、人気企業の選考を覗き見してみましょう。
  • インターン体験記
  • エントリーシート
  • 選考体験記

ソニー株式会社

オープンハウス 知的財産(ライセンス)
20卒 | 慶應義塾大学
参加
Q.
インターンシップに参加した理由を教えて下さい。
A.
知的財産の分野は大学でも学んでいおり、もともと興味があったから。また、ソニーの数ある部署の中で知的財産やライセンスに特化した部署がどのようにソニーの製品に価値を付け、現在あるようなブランド力をつけてきたのかその背景が個人的に気になったから。

株式会社野村総合研究所

経営コンサルタント
20卒 | 法政大学 | 社会学部
通過
Q.
経営コンサルで実現したいこと、及び実現する場として当社を志望する理由を教えてください。(400文字以下)
A.
私は将来、人が誰に頼ろうかと考えた時に一番初めに思い浮かぶ人になりたい。このような人は周りの人からの人望が厚いだけでなく、能力が認められている人であると私は思う。これを理想とする上で、近い将来においてまずは能力を確実に身に付けておきたい。能力を身に付けるためには、若手に挑戦の場が多くあることや専門性を身に付けられること、尊敬できる先輩社員や同僚の存在が大切だと考えており、そういった環境を求めている。従って、モノを持たず、ヒトが資本となるコンサルティング業界において、自分の頭で考え、仲間と議論しながら自らの専門性を高める努力を重ねているコンサルタントという存在に憧れを覚える。常に結果が求められる厳しい環境下においても、適切な戦略の立案から実行支援まで幅広く行うことで、結果を出し続けている貴社のコンサルタントの一員としてクライアントの様々な問題を解決し圧倒的に信頼のおける人材になりたい。

ソニー株式会社

法務・コンプライアンスコース
20卒 | 東京大学 | 法学部
通過
Q.
卒業/修士論文や、学科/専攻の授業の中で、最も力を入れて学んでいるテーマの概要を記述してください。  (500文字以内)
A.
私は、知的財産法のゼミに所属し、知的財産の実際の係争事案における特許庁や裁判所での審理過程や判断基準等に関する研究を行いました。 Society5.0におけるビジネスモデルでは、オープン・イノベーションで異業種企業の事業提携や共同開発等が加速するため、戦略的な知的財産権の保護が益々重要になっており、この研究に取り組みました。 ケーススタディの題材となった主な判例は、職務発明における発明者の権利範囲や、特許の請求項記載事項の解釈、先願特許の審決取消、特許無効判決等に関するものでした。 特許に関する審決や裁判では、出願特許の請求項に記載された発明技術の新規性と、それが与える効果が争点となりますが、ケーススタディの業界が多岐に亘り、技術的に専門的な内容が多いため、争点を正しく理解することが困難な場面が多々ありました。 これを克服するために、日常的に業界の技術動向や出願企業の経営戦略に関する調査、分析を実施しました。 このゼミでの研究を通して、知的財産権侵害リスクへの法的対応や、戦略的な保護を行うための要件・法的手続等について習得することができ、技術動向についても知識の幅を広げることができました。

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ

総合職
20卒 | 明治大学 | 総合数理学部
通過
Q.
NTTデータを志望した理由(200)
A.
【ITで世界を支える】世界にはSDGsを始めとする多くの課題があります。私は、大学に入学してから3年間情報工学を学んできました。そんな私は、IT(ICT)分野に、5W1Hに囚われない“無限の可能性”というものを感じています。特に、国内最大規模のソリューションの幅の広さと規模を有し、日本発のグローバルSIerとして、世界を舞台に活躍の場を広げている貴社であれば、私のITで世界を支えるを達成できると確信しています。

株式会社キーエンス

20卒 | 九州大学大学院
内定入社
Q.
面接で話した志望動機を教えて下さい。
A.
私がキーエンスを志望する理由は2つです。1つ目は年収が高いことです。私は選社軸の1つを”30代で年収1000万”としており、それ以上の年収が見込める点に惹かれました。年収を軸として置いている理由としては、営業職を志望するうえで自分の成長の客観的な尺度がほしかったからです。もちろん、年収だけで営業の力が決まるわけではありませんが、歩合制という制度の中では年収が高いということは1つの成長の指標になるのではないかと考えています。2つ目は接待がないことです。この点に惹かれた理由には私の部活動の経験が影響しています。私は部活動で寄付金のお願いをする際、OBの方の機嫌をとって寄付金を募るという接待まがいのことをしていました。その時に何か相手をだましているような気分になり自分に嫌気がさしていました。そこで、社会に出たらきちんと相手に納得してもらった上で商品を売りたいと考えたため、接待がないという社風に強く惹かれました。 (選考では志望理由は聞かれませんでした)

ソニー株式会社

20卒 | 慶應義塾大学
内定辞退
Q.
面接で話した志望動機を教えて下さい。
A.
私は貴社で「全ての人が精神的な豊かさを感じられる世の中」を実現したい。貴社は嗜好品としての製品・サービスによって消費者に驚きや感動をもたらし、世界で必要不可欠な存在となった。実際に多部署の社員の方とお会いし、貴社が現在まで多岐に渡る事業領域で市場を牽引して来れたのは、社員一人一人の好奇心や向上心が強く、それを助長し評価する環境があるからだと実感した。この環境の下、私は社員と切磋琢磨し、自身の能力の幅を広げ、新たな価値創造に繋げたい。そして貴社の商品・サービスに影響を与えることで、自身の目標達成をしたい。その為、予め職種を絞るのではなく、自身が最大限活躍できる場を追求すべく、このコースを選択した。

日鉄ソリューションズ株式会社

20卒 | 大阪大学
2次面接
Q.
面接で話した志望動機を教えて下さい。
A.
NSSOLでなら私のやりたいことが実現できると考えたからです。そもそも私の就職活動の軸は課題解決です。当初はコンサルティング業界を志望していましたが、コンサル業界でもITによる改題解決が多く、今後も増えていくことを感じ、ITによる課題解決であれば、SIerの方がより良い課題解決ができると考え、SIer業界を志望しました。その中でもNSSOLを志望する理由は4つあります。1つ目は、ベンダーフリーの立場であるため、クライアントに最適なソリューションを提供できると思ったからです。2つ目は、ミッションクリティカルなシステムに強みを持っており、他社ではできないシステムを作れる点で差別化できると考えたからです。3つ目は、独自の研究所を保有しており、新しい技術を取り入れる社風である点に魅力を感じたからです。4つ目は人材育成を経営の最重要課題に据えており、主体的に能力を向上させたい自分の考えにマッチしていると感じたからです。以上の理由により、NSSOLを志望します。

業界から企業を探す

就活会議は東証一部上場企業である株式会社リブセンスが運営しています